January, 2017

「早起き早寝」

Photo
「伊勢神宮、青空の鳥居」

新年明けましておめでとうございます。

さあ、2017年がスタ-トしました。
みなさまはどんなお正月でしたか?

わたしは年末、年始は名古屋の家で家族と過ごしました。
30日には鳥羽に泊まり、翌31日早朝に伊勢神宮へ参拝。

Photo
「鳥羽の夕日」

Photo
「伊勢神宮、鳥居」

Photo
「早朝、橋の向こうの朝日」

伊勢神宮はいつ行っても荘厳で、空気が違う・・・。
その昔、夫婦で初めて参拝した折に
「此処は違うぞ。神様が本当にいる・・・」と夫の発言。
夫はそれまでは私の神社仏閣詣でに興味が無かったのですが、それからは
年に一度は必ず夫婦揃って伊勢神宮を参拝するようになりました。
猿田彦神社からテクテクと内宮まで歩く。
山が間近な伊勢神宮は朝から冷え込んでいて・・・
吐く息も白く、霜も降りている。
鳥居を潜って橋を渡る。もうそこからは異次元。
積もり積もっていた心の垢、エネルギ-の汚れがどんどん浄化され・・・
心が澄んで行きました。

Photo
「霜の橋、川面に青空」

今年は京都の実家から父が弟と一緒に名古屋にやって来ました。
元旦、車椅子の父を我が家に迎え、母が毎年作ってくれていた父の大好物の博
多雑煮を再現し、一緒におせちを頂きました。
2日には東京から息子家族が来て、3日には娘家族が父に一目遇おうと東京か
ら早々に戻ってくれました。
そうして迎える家族のお正月。
父にとっては曾孫が三人に増えました。

Photo
「家族写真」

3日の日、京都へ帰って行く車椅子の父を皆で見送りました。
父は「本当に楽しかった」とえびすさまのような笑顔。
それを見送るわたしたち、孫、曾孫たちも笑顔。
そして、皆、その父(おおジイジ)の目に涙が光っているのを見ました。
父を名古屋に招いて本当によかった・・・。

夜は梶本家の新年会。
主人の妹家族、義母、息子家族、娘家族。総勢14名の新年会。
食事のあとは恒例の大トランプ大会。
一年に一回の催しですが、これを皆が楽しみにしています。
(低い低いレ-トですが『賭け』ます)
とても慎重、コツコツ賭ける者。大胆大勝負派。
それぞれの個性がよく分かる。
普段は見せない家族、夫婦、親子の絆が見える。
そして、それぞれの成長が分かる。

こうして、大勢が集まり、そのご飯やら何やら「長男の嫁」「長女」である私が
せっせと働く。すると、「大変な目をさせてるね」とかねぎらいの言葉ももらい
ます。けれど、不思議と「大変な思い」など何も感じない。
「家族が健康でこうして集まって祝うことが出来る」ありがたさ。
本当にそれだけを感じた。
新しい年を迎えて祝うことが出来る。なんと幸せなこと。ありがたいこと。

この地球に同じ時代、時期に家族として生まれた。集まった縁。
その縁のありがたさ。体験させてもらうありがたさ。
心からそう感じました。

Photo

さて、そんな大家族のお正月の最中でしたが、
元旦は早起きして一年の計を立てました。
「一年の計は元旦にあり」
まず、ノ-トに書き出してみる。
今年、何をしたいのか、どんな自分で在りたいのか。
仕事について、家庭、家族、プライベ-ト・・・・と。
どんどん書き出す。すると、幾つかの項目になる。
それらを並べて・・うんうん、今年はこういう感じ。
と、さよこのブログに彼女も「一年の計」を載せていました。
それはとてもシンプルな一言。
それを読んだ時に、わたしにパッと直観が来た。
そうだ。シンプル!

もう一度、書き出した項目、そしてノ-トの内容をさっと見た。
この幾つもの項目、もちろん、全部、叶えたいこと、目標としたいこと。
でも、何だかこのやり方は違う。(幾つも並べる)

そこで来たのが
「早起き早寝」です。

つまり、わたしがやりたいこと。仕事にしても幾つもの作品がある。
仕事にも集中したいけれど、家族の時間も大切にしたい。
また仕事以外の時間でやりたいこと、目標もたくさんある。

それらを叶えるには
「早起き早寝」。
もともと、「早起き早寝」も一年の計にありました。
この早寝早起きをすれば、早朝のゴ-ルデンタイムが有効に使える。
仕事も出来て、大好きなお孫ちゃんとも遊べる、友人とも逢える。
芝居も観られるし、散歩も出来る。旅行だって出来る。
シナリオを教えてほしい、ゼミを再開してほしいと乞われていても
中々、自分の創作の時間優先にしていると応えられなかった。
これも早起き早寝で解決するかも知れない。

あらゆることがこの一つで成せる。
それを発見しました。

なので、今年のカジモトの一年の計は「早起き早寝」です。

「早寝早起き」ではないのです。
なぜなら・・・
早く寝ても早くは起きられない・・・でしょ?
でも早く起きると早く眠くなり、早寝になって行きます。

目標は4時。
今はまだ5時代に起きています。
でも、6時なら「遅い」と感じられるようになって来た。
さあ、公表しました。
早起き早寝でどんな「三文の得」が実現するでしょう?
また、ご報告しますね。

みなさんはどんな「一年の計」を立てられましたか?
そんなの立ててない・・・と言う方。
「思考の現象化」を信じているなら、是非、立てることをお勧めします。
まだ間に合う。
そして、わたしが発見したように「シンプル」なものがいい。
初めに書き出す。どんな自分になりたいのか?
昨年の反省から始めてもいいです。

一番、あたまがスッキリしている時にさっと直観、インヒピレ-ションで
ノ-トに書き出してみる。
もちろん、一発で降りてくればそれでもいい。
わたしのようにたくさん出て来たものをまた、俯瞰して・・・直観を待つ。
それでもいい。

そう、今、来ました。
映画のタイトルのつもりで書いてみてもいい。
シナリオの原則にあります。
主人公、テ-マ、タイトルはクロスしている。
主人公はあなた。そしてその「タイトル」はあなたとテ-マとクロスしている。
さあ、どんな「タイトル」が見つかるでしょう?

カジモトエミは「早起き早寝」というタイトルとなりました。
テ-マは「感謝と愛のど真ん中を生きる!」です。

2017年。
今年もチベット体操を毎日、続ける。
波動を上げ、エネルギ-を上げ、思考の現象化を促進する。
今年は益々、現象化が速くなります。
自分のエネルギ-をキレイにしておくこと。高くすること。
波動も上げて行くこと。
自分の思考のコントロ-ルが上手になること。

今年はマインドフルネスについてもお伝えして行きますね。

どうぞ、本年も宜しくお願いいたします。

2017年、みなさまにたくさんの愛と光が降り注ぎますように。

Photo
「マリア像」

愛と感謝をこめて

梶本 恵美