Apr, 2018

「体験美」

Photo

みなさま、こんにちは。
四月になりました。
今年の桜は早かったですね。
みなさま、たっぷりと愛でられましたでしょうか?

わたしは全国開花宣言、あちこちで満開の頃
蓼科の家にこもっていました。
長野の方は開花が少し遅くてまだ開花は少し先・・・。
蓼科の桜が咲く頃にはわたしは名古屋に戻っている。
今年は桜を見られないのかしら?・・・。

Photo
蓼科の夕陽

ところが・・・
蓼科から名古屋に帰る特急しなのの車窓から
少しずつ春に近づく景色、そして桜の風景を延々と楽しみました。
名古屋ではお孫ちゃんを連れて東山植物園へ。
少し散りかけていたけれど、今年の桜、
そして一緒に花見をする人とも「一期一会」。
一瞬一瞬がすべて愛しくて、楽しくて・・・。

Photo
蓼科の仕事場から 白馬

話が戻りますが
蓼科にいて感じたことがあります。
わたしの仕事部屋からは前方に八ヶ岳、右の窓からは白馬の眺望。
雪をかぶった山々の美しさは素晴らしく・・・
そこにいるだけで癒される。
波動が違う。次元が違う気すらします。
そんな蓼科に暮らしていると、眠った時もまたすごいのです。
夢の見方がすごくリアルだったり、次元を超えて色々なところに行ったり
また、夜中や明け方に「メッセ-ジ」や「言葉」が降りて来ることもあります。

Photo
蓼科の仕事場から 八ヶ岳

今回も来ました。
夜中に目が覚めて
「体験美」という言葉が来た。
思わず起き上がって、書き留めました。
続きに「美・マインド」という言葉も来た。

その言葉の意味をふ-っと思いめぐらしました。
そこで、なんとなく分かった。
なるほど、そういうメッセ-ジなのか・・・と。

Photo
こぶし

わたしたちは生きている間、いつも何かを体験します。
そして、その体験をどう感じるか?
同じ体験をしてもその人によって感じ方、とらえ方が違う。
感じ方が違うとその思考も違って来る。

起きて来ることには「良い」も「悪い」も無い。
それを自分がどう感じたり、また判断するか。
わたしたちはそれぞれ「観念」を持っていて、その「観念」により
ものごとを判断しますね。

体験していることの「美」に意識を向ける。
体験していることの中から「美しきこと」に思いを向ける。

逆に体験していることの「ネガティブ」な面に意識を向けると
起きて来る感情は「ネガティブ」であり、思考も「ネガティブ」
なものになります。
そうすると、波動は下がる。
思考が現実を作るのだから、ますますネガティブな現実を引き寄せる。

Photo
梅園 匂いに誘われて

「体験美」
体験していることの中から美しいことを見つける。
そうすると、あなたは「体験美」を体験する。

あなたの心は「美しい」もので満たされて行く。
「美・マインド」になる。

マインドが美しいと引き寄せる現実も「美しい」ものとなる。

二、三年前から「マインドフルネス」という言葉がよく聞かれますね。
思考を手放して行く。
「無」になる。「空」になる。
思考にとらわれないこと。

そうあれることはとても素晴らしい。
目指したいところはそこです。
でも、わたしたち人間は一日中、何万通りもの思考をしている。
瞑想などで「マインドフルネス」を実践して行く。
それでも「思考」は現れる。

そこで、この「美・マインド」です。
マインドというのは「思考」のこと。

体験の中から美しいことを選ぶ。
「美・マインド」を選ぼうということです。

Photo
ゆきやなぎ

たとえば、茅野から名古屋までの道中。
ああ、二時間近くもかかるのか・・・と「時間がかかる」ということに
意識を向けるのか?
道中という体験の中から、「風景の美しさ」という「美」に意識を向けるか?
これで、電車に乗っている間のわたしのマインドは「美・マインド」になる。

いつも行くお気に入りのカフェが改装中でお休みだった・・・。
ああ、ちゃんとスマホで調べてから来ればよかった・・・と思うのか。
「ああ、そうなんだ」と切り換えて歩く。
そして、そこに今まで気づかなかった別の素敵なカフェを見つける。
入ってみるとフランス人のパン職人の方たちが作るパン。
美味しい。美しいパン。店内の雰囲気。
「お気に入りのカフェが閉まっていた」そのおかげで見つけた。
素敵なお店に出逢えた。
「体験美」を体験して、わたしの心は「美・マインド」になる。

どうでしょうか?
きっとみなさんもそういうことあるんじゃないですか?
これを意識的にやってみる。
「体験美」を見つけて
「美・マインド」になる。

美しい思考が美しい心を作る。
美しい心が美しい肉体を作る。

春ですね。
美しいものが溢れています。

今朝も、近くで鶯がとってもきれいな声で啼いていました。
なんと美しい・・・。心が洗われる。
花粉はたくさん飛んでいるけれど
美しい春が「今」ここにある。

そして最後にお伝えしたいこと。

チベット体操を続けているなぜだか自然に「体験美」を体験し
「美・マインド」になって行きますね。
だから、みなさん、内面からキラキラとキレイになって行く。

何も学ばなくても勝手にそうなって行く。
チャクラが浄化され、整い、活性化されて行く体操だから。
美しいボディと美しい心がますます美しい「体験」を引き寄せる。

チベット体操をしましょう。
是非、21回完成継続を目指してください。
21回出来るということは
それだけの高い波動になれるということ。

この春、みなさまがたくさんの「美しいこと」を見つけられますように。
あなたの中から「美しさ」が溢れて来ますように。

Photo

この春の美しき日に
あなたへ・・・

梶本 恵美