今月のメッセージ
2019.08.04

2019年 8月のメッセ-ジ 「穏やか」

 

みなさま、こんにちは。

梅雨が明けましたね。

 

私は昨日、蓼科から名古屋に移動して来ました。

今日、名古屋でライブに一つ参加して

明日の昼にはまた蓼科に戻ります。

なんだか、とうとう蓼科中心の生活になって来た?!

 

最近、よく言われること。

「東京、名古屋、蓼科?!三カ所も?移動が大変ですね」

 

「あ、いえ、まったく自由に移動してますから」

(行きたい場所、やりたいことに合わせて移動)

 

「で、カジモトさんの本拠地は何処なんですか?」

「ん・・・本拠地?って言うか、一番、いたい場所は蓼科なんです。

なるべくいられる限りいたいんです」

 

蓼科にいたい。なるべく蓼科に長くいたい。

 

そう思っていて、それを言葉に出すようになったら

本当に現実がそう動く。

 

昨日、帰って来て、明日また蓼科に戻る。

これはわたしが無理やり予定したのではなく

名古屋にそのままいるつもりが、夫が明日諏訪・蓼科方面へ

一泊の出張ゴルフへ。

「エミも一緒に行く?ボクは諏訪湖のそばに停まるけど、

茅野まで送って行くよ」と。

夫の翌日のゴルフは蓼科の家から徒歩数分の蓼科カントリ-クラブ。

ゴルフを終えたら徒歩で山の家に帰って来て泊まる。

と言う流れでわたしは名古屋一日滞在で蓼科に戻れる。

 

わたしのわがままではなく。

そして浄化槽の点検が翌週あるのでわたしはそのまま滞在。

 

また、自慢しているのではありません。

流れがいいですよ~というお話。

 

自分の気持ちをはっきりさせる。

自分の想いをはっきりさせる。

こうありたい、こういう風にしてるのがとても好き、いい感じ。

そのことに素直になる。

そうすると、結局、自分のありたいように、なりたいようになる。

やりたくないことは流れる。

 

最近あった嬉しいこと。

7月はとっても濃い一カ月でした。

時間の流れ、感覚が今までと違って来ました。

たとえば7月3日のことと言うと、それは一カ月前ではなく

ずっとずっと前の出来事のように感じる。

でも、実際は一月。

時間はもともと三次元のものなので

もう今までとは違うのですね。

 

そんな中。

実は今から十日ほど前のこと。

この週は不思議でした。

15日に沖縄在住の元生徒の神谷くんに名古屋で遇う。

彼は東京で新人監督映画祭で準グランプリ。金沢映画祭にも出る。

十年ぶりの懐かしい再会。実のある近況報告。

20日、ある人☆に遇う。

22日、神野さんという方に初めて遇う。

24日、飛び入りで参加したデザイン書道で神先さん母娘に遇う。

 

さて20日のある人☆とは。

なんとキングコングの西野亮廣さんです。

わたしが今、最も影響を受けている方。

昨年読んだ「新世界」は目からウロコ百枚落ちた!

最近読んだ「新・魔法のコンパス」

 

 

娘ともほんとに素敵な人だねえ・・逢いたいねえと話していました。

たまたま20日の夜、娘家族とご飯を食べることになりあるお店へ。

予約を入れると「8時から貸し切りになるのでそれまでなら」とのこと。

で、8時までのつもりで店の奥の個室を予約。

行ってみるとママさんから「西野さんが来るのよ」と。

え-っ!?すごいッ。

結局、八時過ぎてもママさんが「ここだったらいても大丈夫」と言って下さり

わたしたちはそのまま滞在。西野さんかちの宴会はとても盛り上がっている様子

でした。わたしもさよこも西野さんと同じ空間にいるということだけで満足。

ただ、ママさんから西野さんのオ-ラも見て描いてと言われて

カウンタ-席あたりから西野さんの背中を観て

さよこが個室で描きました。

西野さんのオ-ラは虹色。そして龍がいる。背景は宇宙とつながっていて

後ろに惑星がある。すごい絵でした。

そしてわたしたちはそのまま帰ろうとして・・・

トイレに行ったさよこ。トイレに立って来た西野さん。

お店のご主人が紹介して下さいました。

わたしはすかさず、オ-ラの絵をお見せしてサヨコから西野さんへ

お話をしました。

西野さんは惑星を持っておられる。惑星を創られるということ。

 

 

西野亮廣さん、とても素敵な方でした。

本で読んでいた時はすごい人だなぁ・・と敬愛していた。

逢ってみたらファンになってしまいました。

あの絵はどうしたかなぁ?・・・お店にあるのか、西野さんが持って帰られたか。

 

神谷、西野、神野、神先・・・。

神がかってますよね。

 

 

 

「穏やかのススメ」

 

先月は「安心」について書きました。

今月は「穏やか」のおすすめです。

 

穏やかであるにはどうすればいいでしょう?

 

では穏やかでいられないのはなぜでしょう?

 

わたしたちは何か「思考」して、その考えや観念に

振り回されると穏やかではいられなくなります。

 

その思考のもとは「情報」ですね。

 

わたしは蓼科に暮らしていると毎日、毎瞬、穏やかでいられます。

それはなぜか?

自然の中にいる・・・。自然とつながって生きている。

これはもちろんです。

 

もう一つ。

都会に戻って来ると感じること。

情報が多い。それが目に入り、耳に入る・・・思考してしまう。

 

「穏やか」であるためにいろんなことが有効です。

そのうちの一つが

「情報を遮断する」あるいは、意識的に情報から離れる。

そんなこと、出来ない!

 

出来ることからすればいい。

たとえば、わたしはニュ-スは見ないし新聞も読まない。

これはもう20年近く。

でも、生きています。何も不自由していません。

むしろ、今、わたしは自分が本当に望んでいる暮らし、生き方をしています。

それは情報に振り回されないから。

穏やかでいられるから。

 

テレビのニュ-スを見ない・・・というのも一つの方法です。

たとえば、何か事件が起きたらそればかり報道しますね。

逆にわたしたちが本当に知っておいた方がよいことは報道されない。

 

自分で情報を選ぶということです。

わたしたちが意識を向けることを自分で選ぶ。

外ではなく、内の意識を向ける。

あとは自分の在り方を整える。

 

今月は情報を自分の思考からはずして行く方法をお伝えします。

朝、チベット体操をする時は皆さん、きっと集中しているので

情報はシャットアウトできているはずです。

それとは別にたとえば、10分でよいので腰掛ける。

目を閉じて・・・

ル-トチャクラからコ-ドが伸びて地球の中心とつながっている・・

イメ-ジ出来なくても意識するだけでいい。

眉と眉の間。第6チャクラの辺りに空洞があってそこは司令塔。

そこが自分を司る中心であると意識する。

さらに、頭頂のチャクラの上120センチくらいのところに

金色のボ-ルがあり(それがハイヤ-セルフ)とそことつながっている

と意識し、その金色のボ-ルから光が降り注いでいると意識する。

 

さて、この状態でただ静かに深い呼吸を続けます。

その時に誰かの顔が思い浮かんだり、何かが思考に浮かぶ。

自分の前にごみ箱があるとイメ-ジしておいて

浮かんでくるものを次々にゴミ箱に棄てる。

いいもの、悪いものと判断せず、全部棄てるのです。

(棄てても縁が切れるとかを心配しなくてよし)

 

これは何をしているのかと言うと

わたしたちのエネルギ-場やオ-ラに浸食して来ている

他の人間のエネルギ-や念、意識を排除する。

また何か思考してしまうこともまずは棄てる。

「空」「無」の状態を創るのです。

 

ゴミ箱が満杯になったら宇宙にポ-ンと棄ててくださいね。

 

そしてこれを毎日続ける。

朝だけでなく、日中でも何か思考に浮かんで来たらゴミ箱にポイ。

 

わたしはこれを何日か続けて行くとアタマがスッキリ。

直観やインスピレ-ションが入りやすくなり

高次の自己ともつながりやすくなりました。

つまり、流れがとってもいい。

高次の自己とつながっている=穏やかでいられる

 

この方法、ほんとにとてもよいので是非実践してみてください。

長くなりましたが・・・。

 

思考からどんどん手放し棄てて行く。

それだけで自分のエネルギ-やオ-ラもきれいに出来るのです。

日常的にそうあれるようになればもういつも穏やか。

自分の世界も変わります。

 

穏やかであること。

それは高次の自己とつながっているということ。

それは安全で安心で豊かで何も心配がない。

魂の願いは必ず叶えられる。

 

穏やかであること。

自分にも人にも

生きとし生けるものにやさしくあれるということ。

 

穏やかであること。

ただ、ありのままでありがたい。

今、ここにいることがありがたいということ。

 

 

読んでくださってありがとうございます。

チベット体操を続けましょう。

あなた自身が変われば

あなたを取り巻く世界も変わる。

どんな世界でありたいか選ぶのはいつでも自分。

 

 

愛と感謝をこめて

 

梶本恵美