講師紹介

- Instructors -
梶本恵美

梶本 恵美- Emi Kajimoto -
シナリオライタ-。
日本脚本家連盟、日本放送作家協会所属。
チベット体操伝道師。

1991年、シカゴ在住時にコンク-ル応募、一席入選、NHK土曜ドラマ「春むかし」作家デビュ-。
TBS「コスメの魔法」「キッパリ!」
NHK時代劇「御宿かわせみ」他、時代劇多数。
NHKドラマスペシャル「てのひらのメモ」
NHK土曜ドラマ「ボ-ダ-ライン」
他、多数。

最近では
2016年 映画「古都」ロ-ドショ-
2017年 NHK・FMシアタ-「眠れない女」放送。

また、ライフワ-クとして「平和への祈り」朗読劇を1995年より執筆、上演。
「時の音」山口崇 檀ふみ出演。
「ブッダとテロリスト」秋吉久美子、他 出演。
「青空のむこう」なかじままり、SAYOKO 出演。
「アンネ・フランク作品集より『つづく・・・』」近藤宥結花 梶村ともみ 三浦伸子出演。
 
2001年、チベット体操と出遇う。以来、その効能に魅了され、工夫と改善を重ね、「梶本恵美流チベット体操」を考案、現在に至る。
シンプルさとその即効性が話題となり、大人気。たびたび雑誌などで取り上げられる。
梶本恵美より伝えられ、チベット体操を続ける女優、タレントも多い。

これまでの活動

レギュラ-教室
四谷教室(2006年~)
宮崎台教室(2007年~2014年)
表参道教室(2008年)
東急セミナ-自由が丘教室(2010年~2012年)
京都教室(2011年~)
名古屋教室(2011年~)
豊田教室(2017年~)
恵那教室(2010年~)
小牧教室(2015年~)

教室以外にも幼稚園、小学校の社会教育学級でのワ-クショップ、フィリピンの孤児院支援のボランティアグル-プ「パラサイヨ」主催のワ-クショップ、シュタイナ-教育の幼稚園のお母さんたち主催のワ-クショップ、フィリピン・カンボジアの孤児院支援のボランティアグル-プ「+one」とのコラボのワ-クショップなど、多数のワ-クショップを行っている。

梶本恵美担当教室では、その収益は会場費などの経費を除いたすべてをカンボジア・フィリピンの孤児院の子供たちの教育、自立支援のために寄付し、またカンボジアでの井戸プロジェクトへの寄付などに当てて来た。現在はボランティグル-プ「+one」を通して孤児院支援、また、新たにチベット難民の子供たちへの支援に取り組もうとしている。

脚本家の私がなぜチベット体操を教えているのか?

わたしは世の中に少しでも「愛と光」が増すよう、笑いと涙を誘う「癒しのドラマ」を書いています。
チベット体操は本当の自分とつながることの出来る体操。チベット体操を続ければ続けるほど、内面が整い、穏やかになり、ほがらかになり・・・つまり、内面から光輝いて行く。その光は周りを明るく照らして行きます。
笑みがこぼれ、時には素直に涙もこぼし・・愛が溢れて来る体操。
ストレスは消え去り、悩みも消え去り、希望が湧いて来る体操。
自分が穏やかで、ハッピィであれば、周りにそれは伝わって行く。
「平和への祈り」の脚本を書くことと、チベット体操を伝えることは同じ思いから。

教室を始める前から、アジアの子供たちへの支援活動に参加していました。
チベット体操教室は「子供たちの支援」のために手がけたのがきっかけです。
そのことに賛同して下さる生徒さんたちが、教室の運営を手伝って下さいました。
また、生徒さんたちの中から、チベット体操を広めたいと有志の方々が教室を開いて行かれました。
発端も、そして伝えるものも、そして行き先も「愛」であり「光」です。
これからも、素晴らしい仲間たちと一緒に、チベット体操をお伝えして行きたい。
そして、ひとりひとりの内なる愛と光が輝くことがわたしたちの願い。
 
この度、こうしてホ-ムペ-ジのリニュ-アルが果たせたのも、子供たちへの支援グル-プ「+one」のみなさんのおかげです。

他にもわたしたちの活動をいつも支えてくださっている多くの方々。
そしてわたしのこの活動の原点でもあった「+one」の仲間たちに心から感謝します。
本当に今、こうしてチベット体操をお伝えし続けていられるのは、たくさんの方々にサポ-トして頂いているおかげです。
あらためてお礼申し上げます。
ありがとうございます。

愛と感謝をこめて

▼みんなのブログ
チベット体操 ~梶本恵美のビューティ・エイジング・ライフ~

澤木留美

澤木 留美- Rumi Sawaki -
ゆるベジ料理家/コーディネーター

恵那教室を担当。

私は、『食で人を笑顔にする事』が本業であると同時に、チベット体操をご縁ある方々にお伝えし『笑顔にする』お手伝いもさせていただいています。

私が27歳の時に恵美さんと出会い、チベット体操を知り、その当時から、『痩せたい』とか『若返りたい』とか『健康になりたい』とかいう何かに対して強い願望があったわけではありませんが、単純に興味を持ってやり始めました。

今年で14年目になります。

そして、36歳の時に第1子を妊娠・出産し、第2子の出産は40歳でした。チベットベイビーです。高齢出産と言われる年齢ですが、自然の流れの中で色んな課題も上手く乗り越えて臨めました。全てが私にとってのベストなタイミングだったと思います。

チベット体操を毎日コツコツと続けることによって、心身ともにバランスを整えるだけではなく、自分の中にある思い込みを外し、本来の自分に戻ること、本当の自分と出会い、「今、ここ」を感じ、自分らしく生きられるようになったと思います。

自分だけではなく、私に繋がる皆様が自分らしくそれぞれが光輝く人生が送られるようにこれからもサポートさせていただこうと思っています。

ありがとうございます。

▼澤木留美のブログ
キラキラ光る☆Rumiのブログ

梶本沙世子

梶本 沙世子- Sayoko Kajimoto -

チベット体操講師
ヒーリングクリエイター
勾玉セラピスト
ナレーター
Happynatural happysilica
イメージモデル

東京、名古屋、豊田教室を担当。

チベット体操を始めたのは20歳の頃。30代の今は、一児の母として子育てを楽しみながらチベット体操をお伝えしています。

私の志事のテーマは「癒し」です。チベット体操をお伝えしているのはチベット体操をやると自然と心が穏やかになり、感謝できるようになり、癒されるから。

一家に一人、チベット体操をやる人がいれば家は平和になり、地球も平和になる。

一人ひとりの心の平和は世界の平和へと繋がる。

一人ひとりの幸せは地球の波動をあげてゆく。

そんな思いで、チベット体操をお伝えしています。

私自身、子育てしながらも夢はどんどん叶い、家族みんなが健康に楽しく過ごせています。それはチベット体操を毎日やることにより、セルフクリーニング出来ているおかげだと思っています。

チベット体操を通して、本当にたくさんの素敵な方々に出逢い、支えて頂いてきたからこそ教室を続けてこられました。

皆さまに心より感謝致します。
ありがとうございます。

▼梶本沙世子のブログ
SAYOKOのヴィーナスライフ☆