今月のメッセージ
2021.01.05

2021年 新年のメッセ-ジ
「目覚めて生きる」

蓼科 日の出

銀河新年
あけましておめでとうございます。

さあ、2021年が始まりました。
風の時代、みずがめ座の時代へスタ-トをきりました。
みなさん、準備はいいですか?


諏訪大社 初詣

風の時代は昨年より始まりましたね。
エネルギ-、周波数の違いを感じられましたか?

わたしはすごい勢いで新しいタイムラインを進んでいます。
娘のさよこと話しました。
どうやら、風の時代は「留まる」ことをしていると乗って行けない。
なので、迷ったり、悩んだりしているヒマなんてない。
瞬間で決めて行く。
手放すか受け入れるか。
それはまだ必要なのかもういらないのか。
その方向でいいのか、違うのか。
すべてにおいて、自分の軸にそって決めて行くのです。
クリアにして行くのです。

ところが、まだ地の時代のエネルギ-が残っています。
混沌とした場所、状況、ケ-スに出逢います。
その時こそがチャンス。
自分がどれくらい進化したのかが分かります。

以前なら、そこでネガティブな思考や感情が湧き出て来てしまい
立ち止まったり、後ろに下がったりしたこと。
ところが、風の時代はそんなことをしていては風は吹き去ってしまいます。
なので、留まれない。


滝の湯 笠観音さま

わたしも昨年の11月後半からバンバン起きて来ました。
なんで、こんなところに今、いるの??
というような混乱した状態のところに呼ばれることがありました。
それは、私自身の進化を試すためのもの。
それをどうやって乗り越えるか?

その時に役立ったのは
「天はわたしに何を求めているのか?」と問いかけること。

・自分が何をしたいのか?
・相手はどうしたいのか?

ではなく

・天はわたしに何を求めているのだろうか?

という視点で見る、受け取る、分かる、行動する。


城山神社 初詣

これを実践する場として与えられたことが分かりました。
そして、結果的にすべてはうまく行きました。

わたしたちには何かの選択の場面に出くわした時
三つの方法がある。

ひとつは
自分が何をしたいのか?どうしたいのか?
という「自分」の視点。

もう一つは
相手の立場に立ってみて、相手がどうしたいのか?と相手の
視点に立ってみる。

けれど、進化した魂としてはこれなのです。
「天はわたしに何を求めているのか?」

結局、この三つ目の視点でものごとを見て、選んで行動すると
一つ目も二つ目も包含しています。


城山神社

風の時代
次々に何かが起きます。
だって、風なんだもの。
いろんなものに吹いて行きますからね。
その時に、軽やかに風に乗って行くためにも
わたしたち自身が軽くなっていること。柔軟であること。
瞬時に変化出来ること。

「変化しなければならない」のではないのです。
わたしたちはどんどんライトになり、軽やかになって行く。
そして、周りと調和して行く。
エネルギ-的にも溶け合って行く。
そうすると、変化は実はとても自然なことになる。
心地よいことですらある。


滝の湯

「目覚めて生きる」

目覚めて生きるとはどういうことでしょう?

風の時代、水瓶座の時代は
わたしたちが「目覚めて生きる」時代です。

それってどういうことか分かりますか?

目覚めて生きる。

それは

自分が何者なのかを知って生きるということです。

わたしが本当は何者であるかを知っている。

それは、社会や親や周りが刷り込んで来た「わたし」ではない。
本来の「わたし」を思い出すのです。


蓼科の夕陽

この地球に何をするために来たのか?
何処から来て、そして何をして、何処に還って行くのか?
それを思い出すのです。
それを知って生きるのです。

もうはっきりと目覚めている人もいるし
何となく分かって来ている人もいる。

コロナの報道に振り回されて「恐れ」にとどまる。
行政の規制の影響を受けて「行動」できなくなる。
つまり、外の力(権力)にコントロ-ルされてしまう。

この状態に在る人は「目覚めて」いない。
(いつか目覚める時は迎えるでしょうが)

目覚めるためには「自分軸」で生きる。
だから、いつも「自分軸」を整える。

そして、目覚めて生きる人「ライトワ-カ-」の役割があります。

これから益々混乱して行くしばらくの間。
人々は迷い、どの方向へ舵をとればいいのか分からなくなる。

その時こそ、
本当に「灯台」となるのです。
ライトワ-カ-の役割は「光を放つ」ことです。

こちらですよ。
と、案内を送ることです。
導くことです。

自らの光を放って生きること。
それが本当に大切な時代なのです。

それぞれが
それぞれの職場や立場、環境において
「光の柱」となる。

それが今年のわたしたちの使命です。


あずさの車窓から かわいい雲たち

目覚めて生きる人。
それはライトワ-カ-。
光の仕事をする人です。

チベット体操の素晴らしさを伝えることも
わたしたちライトワ-カ-の仕事です。
チベット体操を伝えれば
「目覚めて生きる」ことを広めて行けます。

今年はどうぞ
「目覚めて生きる」を明確に意図して
毎日を送って行きましょう。

新しい年。
素晴らしいエネルギ-、周波数。
わたしたちは美しいタイムラインを行きます。
あなたと共に。
仲間と共に。

ありがとうございます。

愛と感謝をこめて。

梶本恵美                                    


城山神社 走れ!!